さすらいのAV監督 嶋章平のありふれた日常 望郷編 監督:タートル今田

さすらいのAV監督 嶋章平のありふれた日常 望郷編
素人女性×4名(--) / B:--(--) W:-- H:--
嶋章平、45歳、バツイチ、ハメ撮り監督。彼は現在愛車のキャンピングカーで日本全国を旅しながらその土地土地でハメ撮りをして生計を立てている。かっこつけて彼は自分を“ハメ師”とか言ったりするけどようはハメ撮りおじさんだ。
僕が彼を知ったのは入社して間もなくであった。10年前にはまだエロ雑誌の編集者であった彼は、HMJMの社長であると同時にカメラマンの浜田としばしばグラビア等の打ち合わせに来ていた。必要以上に大きな下品な笑い声を撒き散らす彼は、編集者という肩書きにも関わらず、明らかに自分より年上なのに金髪だったりタンクトップであったり蛍光色だったりでとても毒々しく怪しい雰囲気だった。なんかやっぱりAV業界には変わった人が多いのだなと思ったことを覚えている。その時分は嶋さんと僕は挨拶を交わしたりするぐらいの関係性であり特に親しくはなかった。ただ嶋さんはその風体に反してか、じゅんじてかは分からないけど全然偉そうにしない人だなとも思っていた。
言葉をよく交わす様になったのは彼が出版社を辞めてフリーになったくらいだと思う。島根県出身の彼は病気の祖母と、祖母を看病する母親の面倒をみる為に島根と東京を行き来する生活を始めた。そしてその道中で先に述べたノマド的AV撮影を行う様になった。「キャンピングカーに乗ってさぁ。全国の女とハメ撮りしてさぁ。キャンピングカーで朝日を眺めながらコーヒー飲んだりさぁ。疲れたら海で一日ノンビリしたりさぁ。フェスに行ったりもしてさぁ。楽しいよ〜」と語ってくれた。嶋さんの目はキラキラしていた。僕はアクティブじゃないからそんな生活を楽しそうとは思わなかったけど、そんな嶋さんを撮るのは楽しそうだった。

…で撮ったのが今回のAVです。変なAVになりました。予想以上にキラキラした感じになりませんでしたので、お酒でも飲みながらダラダラ観て貰えたら嬉しいです。


無料サンプル動画を再生する

MEMBER’S REVIEW
RELATEDE MOVIE