私を芸人にして下さい 〜大阪・原宿編〜 Vol.19
2017-08-15
コラムニスト:バッファロー吾郎A
True Love2 プライド』を観ました。
まず感想から言わせていただくとかなり面白いです。ただ前作の面白さが英語の “Funny”や”Entertaining”のような「笑える」「楽しめる」なら、今作は“Interesting” (興味深い)の面白さです。

まず冒頭でいきなり前作の主演男優である山南景介氏には奥さんと子供がいるという事実をなんと山南氏の奥さんがカミングアウトします。前作の榎本南那氏とは純粋なカップルではなく愛人関係だったという事です。これだけでもかなりの衝撃なのに、さらに奥さんは榎本氏に復讐するために自ら旦那とAVで絡む事を決意します。
ネタバレになるので山南&榎本&奥さんの間に何があったかの説明は省きますが、前作を壮大なネタフリとして、奥さんが主役の2が始まります。

私は今作の『プライド』というサブタイトルが好きです。普通だったらサブタイトルは『リベンジ』か『復讐』になりそうですが、リベンジというカッコ良い言葉はこの作品には似合わないし、だからといって作品を観ると最終的に復讐とは少し違うベクトルに向かうのでちょっと違う。
私だったらこの作品にどんなサブタイトルを付けるか?と考えてみて思いついたのが『True Love メガンテ』です。『メガンテ』とはドラクエの呪文で、自分の命を犠牲にして相手を粉砕する最終兵器のような威力があります。奥さんは作品の中で『復讐』というような言葉を使ってますが、あきらかに奥さんにもダメージがあります。いや、奥さんのインタビューやリアクションを見聞きしているともしかしたら奥さんの方がダメージは酷いかもしれない。「復讐するにしても他に方法は無かったのか」と観ているこちらの心まで痛くなってきます。となると『メガンテ』はなんかフザけているみたいでやっぱり『プライド』がいいです。奥さんがプライドを賭けて自らを犠牲にしてまで闘う作品。
この作品は『パンツを上げる』どころか『甲冑を着る』ようなドキュメンタリー作品だと思います。
バッファロー吾郎Aプロフィール

バッファロー吾郎A。略してバ吾A。

20歳の時からカンパニー松尾信者。

会員登録はこちら
  • YOUTUBEのチャンネル登録する